About My Site

July 12, 2017

このサイトについて

「日々、巣作り」は園生恵子(そのうけいこ/ハンドルネーム)の運営するサイトです。

キャッチフレーズはフランスのことわざで「少しずつ、鳥は巣を作る」というような意味。失敗の多い人生ですが、少しずつ成長して自らを育んでいるのは鳥の巣に似ています。居心地の良い暮らしができたらいいなぁという願いを込めて、この言葉を選びました。

メインコンテンツは、ブログ記事の予定です。

扱うトピック

ブログで扱うトピックは、私の興味のわく対象なら何でも。2016年から2017年にかけては以下のようなことが気になっているため、ひとまずこれらを主要なテーマに定めるつもりです。

ADHDの症状とつきあいながら生活していくこと

2016年に精神科クリニックにてADHD(不注意優勢型)の診断を受けました。以降、ストラテラやコンサータといった薬の力を借りながら、家庭内でWebライティングの内職をしつつ育児・家事に勤しんでいます。(が、失敗も多くて、たぶん、この失敗への対策などもADHD関連の投稿で紹介していくことになるでしょう。)

2017年になってからストラテラかコンサータに切り替えていて、ストラテラで解消できなかった点やストラテラそのもののもたらす副作用がなくなったかどうか、またコンサータにしてどのように思考や言動が変化したかを書いていきます。

Webライティングを転勤族の妻の内職として行うこと

 

2016年からWebライティングの仕事をしています。転勤族の妻で数年おきに引っ越しているため、定職に就くことが難しいです。転職して正社員の仕事をやりくりしていた時期もありましたが、妊娠・出産・ワンオペ育児となると再就職もままならず、在宅の仕事に切り替えました。

なぜWebライティングを内職の仕事に選んだかといえば、文章を書くのが苦手と思っていたためです。得意なことを仕事にするほうがいいという人はいますが、正直、私の得意なことって何なのかよくわかりません。人の心を汲み取ることがそれと言えなくもないですが、心理系の業界には戻りたくないという別の事情もあるんですよね。

アフィリエイター個人やベンチャー企業のアフィリエイト記事のほか、不動産業者からの直接依頼による物件内覧記事、ひところ問題になったDeNAの某サイトの閉鎖に伴いまとめて突如閉鎖になってしまったママ系育児サイトの健康/育児/美容に関する記事、さらに編集プロダクションからの下請けで美容/不動産記事を下請け企業を通して依頼されて執筆しています。

最近は美容とファッションアイテムに関する記事が多く、だいたい1,500~5,000字の文章を書くことが多いです。感性に呼びかける系の文章でちょっと高い評価をいただくことが増えて、それが内職継続の励みになっています。

心豊かに子供が育てるような、のんびりした育児をすること

moderately giftedな自分(と夫)の子供に対してgiftedではないかと疑っているため、子の育ちに役立つ何かを見つけてメモしていきたいとも考えています。

詰め込み教育も時には大事かもしれないけれども、やはり「いっぱいに愛されてきた」という思いで胸を一杯にしたまま大人になっていってほしいです。何か、そうしたヒントがあればいいなぁ。

かぎ針編みや棒針編みを学んでいくこと

ノリで日本ヴォーグ社のかぎ針編み入門・講師認定講座を通しで学ぶことにしてから数年経ちました。早く修了したいので、自分を叱咤していきたい(!)。

編み物の「多少もつれてもほどいてやり直しがきく」という点が何とも言えず魅力的に思います。これをまだ編み物を知らない人に知ってもらえたらうれしいな。まだ先生をしたいとまでは思えないのですが、何か「これはすごい」と思うような編み物アイテム・書籍などあったら率先して紹介していきたいですね。

そのほか、知っておいていただきたいこと

このサイトを運営するために、ドメイン使用料で年間で数千円を年単位で支払い、サーバー代で月額500円(税別)を支払わなければなりません。

完全に趣味で作ったサイトであるため、そのぐらいの金額は頑張って内職して稼げばよいとはいうものの、扶養の範囲内かつ所得税のかからない範囲程度にしか仕事をしていないのでちょっときつめではあります。(消耗品や被服はともかく、PC用のキーボードやモニター代などは自腹……。)

そのため、いずれAmazonやA8、GoogleAdSenseなどのアフィリエイトを導入するつもりです。クリックやこちらを通してのご購入をしてもらえたら、報酬をサイト運営費に使います。そして、まずは自分のため、そしてひいてはみなさんの役に立つことを書いていけますように。

 

とりあえず、現時点ではこんな感じですね。それでは、よろしくお願いいたします。

園生恵子

July 12, 2017

Posted by SONOU Keiko